あまりにも納得のいかないセックスをしたために、学生時代の友人にこの話をすることにしたんです。
「おいおいLINE掲示板なんか使っちゃったのかよ(笑)。
おまえの会った相手は援デリなんだぞ」
このように言われてしまったのでした、全く知らないキーワードが使われていたために、頭の中がハテナマークだらけになってしまいました。
「それってなに?」
「なんだそんなことも知らないで、エッチ相手を探していたのか?無謀だぞ」
「もうちょっと詳しく頼む」
「無料で使えるような掲示板だから、誰でも利用できるって事になるような」
「確かにその通りとは何か?」
「分らないのか?
つまり、悪質な人間が入ってきているって事」
「悪質?」
「ネットの顔の見えない世界だから、相手を騙すのはとっても簡単だろう」
こう言われてやっと気が付いたのでした。
彼の説明を聞くと、業者が入り込んでいって客引きをしているらしいのです。
自分があった相手は、業者の派遣した女であることが分りました。

さらに援デリの危険性は、18歳未満の未成年と出会ってしまう可能性があることらしいのです。
これが発覚してしまう場合、逮捕されてしまう事だってあると言われて、震えが来てしまいました。
「また美人局に遭わなかっただけでも良かったよ」
「そんなのまだあるのか?」
「無料の掲示板はダメだね、相手探したいなら優良出会い系サイトを使うことだ」
このようにキッパリ言われてしまいました。
彼は有料出会い系サイトを利用して、セフレを探しているらしいのですが、騙されるような危険は全くないと言ってきました。
複数の出会い系サイトを利用すれば、タダマンのセックスを楽しむこともできると言うことまで教えてもらえたのです。
あらかじめ、アドバイスを受けてからセックスの相手を探せば良かったって感じでした。